設立趣意書

ごあいさつ


私たちは、看護や介護を通じて松戸市や周辺の地域医療に尽くしてきました。10年におよぶこれまでの事業で実感したのは、家にいながら医療的ケアが必要な方がとても多いことです。在宅療養者は増えているにもかかわらず、レスパイトの受け入れは限られており、喀痰吸引に対応できる介護士事業所は数カ所です。

私たちは、喀痰吸引を24時間体制で対応できる松戸市唯一の事業所です。介護士一人ひとりを責任あるプロに育てることで、介護士と看護師が連携した高度なサービスを行い得る体制を構築してきました。このノウハウを基に、今後、この体制を維持、発展させるとともに事業を拡充させていきます。同時に、他の事業者のモデルケース、目標であり続け、地域の福祉問題の解決に真摯に取り組んでいきます。そのためにも、本拠地である松戸市の事業所の経営基盤をより強固なものにする必要性から、このたび社会福祉法人を設立します。

法人名「気づき」と事業所名「思いやり」は、私たちの理念「気づきと思いやり」に基づいています。社会福祉法人として公益性と透明性の高い確たる経営基盤を築き、子どもから高齢者まで疾病に関わらず共に暮らせる社会の実現を目指していきます。

佐塚理事長

社会福祉法人 気づき
理事長 佐塚 みさ子